企業カイゼンと人間関係の心理学

はじめに

 日本、特に東北地区は、保守的で現在の環境を変えることに強い抵抗があるように感じます。

 これまでの習慣になれ、新しいことに対する抵抗があるようです。

 「嫌われる勇気」「幸福になる勇気」(アドラー心理学)が東北地区でもたくさん購入されているようですが、実行できない人が多くいるのではないでしょうか。

 優れた人は忙しいほど、時間が作れ、優れた仕事をされます。

 それは、環境を整理し、時間を有効活用するテクニックやノウハウがあるからです。

 みなさんも豊富な知識を習得され、仕事をしているのです。

 後は、やるべきことを再認識して、第一歩を踏み、幸福になる人生をつかんでください。

 弊社では、そのための「対人関係(アドラー心理学)」や「トヨタ式カイゼン」のノウハウをご提供ご支援いたします。


企業カイゼン

改善するときに自分の理想を押しつけていませんか?!

社内の信頼関係、特に上司と部下の関係は、信頼の関係になっていますか?

評価を100%、150%から引き算していませんか?

マイナス評価は、担当者のやる気を失います

ゼロ(現時点)から評価して、日々変わる環境に合うように問題点と原因、改善案、計画、フォローをくり返して、少しづつ良くすればいいのですから


お客様や従業員から求められる会社にしませんか

日本の経営風土に合致した、企業内の誰でもが容易に理解・実践できる「しくみ」を構築し、短期間に大きな成果をお約束します。

      (ゴールシステムコンサルティング株式会社の会社案内を引用) 

詳細は、企業カイゼン


トヨタ式カイゼンと人間関係の心理学・研修

企業カイゼンができないとき、人間関係に問題があるときです。

継続できる企業を目指すためには、信頼関係や尊敬、横の関係ができなければ、解決できません。

企業は、個性の時代です。全社員が一丸となって、独自企業に変えなければ、先はありません。

他社のマネをするのではなく、カイゼンの仕組みを習得し独自経営を確立しませんか。

お悩みのご担当者は、お問合せいただければ幸いです。

1.「トヨタ式カイゼン(理想像)」と「アドラー心理学」入門

2.カイゼンの第一歩『5S』とは&アドラー心理学『ライフスタイル』を知る

3.カイゼン『5S』実践&アドラー心理学『ライフスタイル』実践

4.カイゼンを考える手法とまとめ方

5.アドラーに学ぶ職場の人間関係の心理学

法人向け『カイゼン』の取り組み

 当社は、仕事のカイゼン(トヨタ式)と人間関係(アドラー心理学)を身につけ豊かな人生をおくるための研修です。

 人生は、本人が目的を持ち、仕事をし、家族を持ち、周りの人(趣味や近所づきあい)と良い関係を築くことで、豊かな人生になると考えています。

 日本は、公私が混在した仕事をして、残業に追われて生活している人が多くいます。そのため、家族との時間がなく、定年退職すると、家族とどう接すれば良いか、人生が終わったような人もいます。仕事で残業することなく、定時退社して家族と過ごす時間や周りの人との付き合いを大事にできれば、仕事から離れても、人生の目的があれば、楽しい生活が待っています。

 アメリカやヨーロッパでは、人生目標を20代までにもち、生産性の良い仕事で定時退社し、家族と周りの人との時間を大切にして生活しています。

  国内の会社で実現したのが、元トリンプ日本法人代表・吉越浩一郎氏が実現しております。(右記が参考著書)

  そのためには、円滑な人間関係、論理的で生産性の高い仕事をするノウハウを身につけることが必要です。

  当社は、ノウハウを身につける研修をご提供します。


カイゼンの第一歩は『トヨタ式5S』

トヨタ式5Sは、

 整理;要るモノと要らないモノに分けて、要らないモノを捨てる

 整頓;必要なモノを必要なだけ、いつでも取り出せるようにする

 清掃;職場がちらかったり汚れたりしないよう常にきれいにしておく

 清潔;整理・整頓・清掃をした状態が保たれているように維持する

 しつけ;前期4Sを実践しつつ、共通のルールにしたがって行動する訓練をする

皆と共有しながら、徹底的に実行する。

ルールは、日々カイゼンして前進する。変更しないと後退する


カイゼンへの取り組み

 当社は、[ゴールシステムコンサルティング株式会社]と連携して、中小企業が繁栄と幸福になる「しくみ」をご提供いたします。

 ・リーンTOC開発確認、自社の能力を活かし方を変え

 ・深速思考、成功事例を因果関係マップにまとめ、遠くのアイデアを活用して(稲垣 公夫提唱)

 ・A3報告書に纏めて、後世に活用して(トヨタ方式)

飛躍できます。


1.TOC(Theory of Constraints/制約条件の理論)とは

ゴールドラット博士により考案され、

組織のゴール達成を決定づける制約条件にフォーカスした改善を行い、最小の努力で最大の効果をあげる経営手法です。


2.TOC(制約条件の理論)の「しくみ」をご提供方法

 ゴールシステムコンサルティング株式会社は、TOC(制約条件の理論)の原点に忠実であり、考えを具体化したツール群を活用し、設計・製造・在庫管理・販売のオペレーション改善をトータルにサポートいたします。

 日本の経営風土に合致した、企業内の誰でも容易に理解・実践できる「しくみ」を構築し、短期間に大きな成果をお約束します。

 ゴールシステムコンサルティングホームページ:http://www.goal-consulting.com/


3.当社の役割

Ⅰ.初級者向け研修開催

 1)コミュニケーションの取り方(信頼関係)と「勇気づける」声掛け

 2)アドラー心理学;自分と周りの人の性格を知り、円滑なコミュニケーションを実現する

 3)カイゼンの第1歩;トヨタ式5S実践方法

 4)ホワイトカラー向け業務カイゼン。残業を無くす技術

 5)トヨタ式問題解決技術

 

Ⅱ.TOC(制約条件の理論)の広報と環境構築

 1)TOC(制約条件の理論)の導入事例紹介

 2)TOC(制約条件の理論)の推進

 3)TOC(制約条件の理論)を導入するためには、社内環境づくりが重要


.労働生産性の向上;パソコン・システムを導入する前に

 1)業務処理やパソコンなど無料相談・お見積

 2)パソコンの修理や設定、導入ご提案

 3)業務処理の効果・向上、投資効果のご提案

 4)パソコンの情報管理や保護、ネットワーク構築など

Ⅲ.労働生産性の向上

 企業の課題、労働生産性を解決しませんか?!

 すでに大手企業では、導入し始めている

 大手企業は、余力があるからできると思っていませんか?

 中小企業もできるのです

 パソコンやパソコンシステムを導入することで、解決できるのではありません

 少しの予算と、やる気だけ。

 ご興味のある方は、右記の[お問合せメール]からご連絡ください。